慈願院 霊能者
(じがんいん)

new 「最悪の上司をギャフンと言わせたくて、イタコの呪術を依頼しました」
私が作成した発注書に致命的なミスが見つかり、先輩や上司に囲まれて叱責されるという災難に遭いました。元々、その発注書は課長に言われた通りに作ったもので、「中の数字確認も全て済んでいる」という話だったんです。もちろんその通りのことを主張したのですが、当の課長は「そんなことを言った覚えはない」と真っ向から否定。言った言わないの水掛け論の挙げ句、私1人が悪者にされちゃって……。この課長は無能な上に性格が最悪の男で、家に帰ってからも悔しくて眠れず、気がつくと深夜に王寺院へお電話していました。指名した慈願院先生に愚痴をこぼし、その勢いで「あいつを呪ってくれませんか」と漏らしてしまい、「そういうネガティブな願望を持つのは止めるべきです」とたしなめられました。しかし先生は後に続けて、「でも正義を明らかにするためであれば、ご協力するのにやぶさかではありません」と仄めかすような表現をしたんです。これは必ず何かやってもらえると期待し、「ぜひ、お願いします!」と言って鑑定を終えました。そして翌日、会社へ出勤して間もなく、あの課長が部長のデスクへ呼び出されました。複数の社員からの告発で、過去に部下に押しつけてきたミスの数々が明らかになったそうです。慈願院先生がどんな方法を使ったのかは分かりませんが、おかげでようやく溜飲が下がりました。
【大阪府大阪市 女性 29歳 会社員 大林聖美様】

「破局寸前の彼とやり直せたのは慈願院先生のおかげです」
数ケ月前にちょっとした行き違いから彼と気まずい雰囲気になってしまい、それから微妙に距離が離れたまま、連絡の回数も少しずつ減っていき、このままだとフェードアウトかな、って雰囲気でした。私は心の底で「もう一度ちゃんとお互い話し合って、やり直せるならやり直したい」って思っていましたが、それを自分から言い出して、場を作る程の気力はもう残っていませんでした。
そんな愚痴を友達に打ち明けたところ、紹介されたのが王寺院の慈願院先生。友達も私も占いが好きで、当たる占い師の情報をよく交換したりしていたのですが、そんな彼女いわく「最近占ってもらったら、今まで見てもらったどの先生より当たった」とのことなので、鑑定してもらうことにしました。
実際に電話をかけるまではちょっと緊張しましたが、慈願院先生の第一声はとても優しそうな声で、ホッとしました。パッと聞き普通の柔らかい雰囲気の方でしたね。でも鑑定が始まると、私がまだ彼との状況を一言も話してないのに、「現在、恋人の方と縁が切れかかっていますね」「きっかけは今から数ケ月ほど前のささいな出来事」「ふたりはこのままでは駄目になってしまうでしょう」と、悩みを全て言い当ててしまい、大変驚かされました。
そして先生は、「今の状況では、もしあなたが気力を振り絞って話し合いの機会を設けても、かえって破局を早めてしまうだけでしょう」と言い、そうではない、ふたりの縁が修復する“流れ"を創る方法を教えてくれました。それは私がある日のある時間にある場所に行く、というもので、先生はいくつかの特徴的な景色を述べ「心当たりはありますか? この場所に今から五日後の夕方に行ってみて下さい」とおっしゃったんです。それは彼と昔よく行った公園でした。昔はそこでよくベンチに話しておしゃべりしたんです。
鑑定の五日後、日が傾いてきたころ、私はその公園に足を運んでみました。すると、ベンチに彼が座っていたんです。私を見て一瞬驚いた表情を浮かべていました。私たちはそこで久しぶりに落ちついて話すことができました。彼も私ともう一度やりなせたらいいと思ってここに来たこと、でも何をどう話せばいいか分からないこと、不満もあるし反省点もあることなど、素直に話してくれました。私とまったく同じ心境だったんです。私たちは夜になるまでその公園のベンチでお互いのことを話し合い、「もう一度やり直そう」っていう結論にたどりつくことができました。
あれから彼との仲は修復しました。今では元通りの普通のカップルです。慈願院先生の鑑定がなかったら、きっと私たちはあのまま別れていたと思います。本当にありがとうございました。勧められた言葉通り、今まで見てもらった先生の中で一番素晴らしかったです。
【千葉県柏市 女性 31歳 アルバイト 森清美様】





[9]鑑定体験談トップに戻る
[0]ホームに戻る

受付時間(年中無休) 9時〜明け方5時
0120-805-042



ご案内