奥津宮 霊能者
(おくつみや)

「知人からもらったお守りが怖い!」
うちのお店によく遊びに来る同年代の女性から旅行土産としてもらった神社のお守りのことで、奥津宮先生にご相談しました。それが手許に来てからというもの、厭なことが立て続けに起きていたんです。まず毎晩のように、お守りをくれた当人の夢を見るようになりました。沼地のほとりのような暗い場所をとぼとぼ歩いていると、急に何かに足を取られるんです。それで下を見ると、私の片足のふくらはぎに沼から伸びてきた長い髪の毛が絡みついており、びっくりして視線を向けると、水面から顔だけ出したその女性が笑っているというとても恐ろしい夢でした。また悪夢を見始めた頃から体調が悪くなり、勤めも休みがちになってしまいました。さらに交際中の男性との間で、ささいな行き違いが起きるようになって、瞬く間に破局寸前の状況に陥ってしまったのです。
こうした出来事をお話しすると、「あなた、その人に呪詛されています!」と即座に断言されました。「やっぱり……。彼女からもらったお守りに、何か仕掛けられているんでしょうか?」「その人の髪の毛が入っています。でも、絶対に袋の中を開けてはダメ!そのまますぐにお寺へ持って行って、事情を話してお焚き上げしてもらってください」生花店を営む母が、以前から近所のお寺の奥さんに懇意にしてもらっていたので、すぐにそこへ持参して供養してもらいました。するとその日を境にぴたりと悪夢を見なくなり、彼との仲もすぐ元通りに。先生のお見立てでは、女性が私の彼に横恋慕してやったことだそうで、当人はほどなく私の前から姿を消しました。もし奥津宮先生がいなかったら今頃、自分はどうなっていたのかと思うと身震いが止まりません。
【山梨県甲府市 女性 28歳 飲食店勤務 中瀬清美様】







[9]鑑定体験談トップに戻る
[0]ホームに戻る

受付時間(年中無休) 9時〜明け方5時
0120-805-042



ご案内